FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-26 15:46 | カテゴリ:未分類
DSC_0005-005_201504261535158c0.jpg


まるふくさんありがとう。
DSC_0019-005.jpg


ご近所のらんさんママありがとう
DSC_0020-005.jpg


近所のお花屋さんありがとう(ユリが入っちゃってるけど)
DSC_0011-006.jpg



可愛い艶ちゃんありがとう。
DSC_0005-009_2015042615350903e.jpg


艶子のカラーは写真を撮れば可愛く撮れるのに

撮っても撮ってもピンが微妙にボケる子でした。
DSC_0040.jpg


蜃気楼にように緩くずれるそのピンに
艶子の儚さを感じていました。

募集を続けながらも、この子は短命ではないか?と
懸念があったのは事実です。



どっかで漠然とした予感がありました。

DSC_0034-004.jpg



なのでお見合いをたくさんしてもご縁がなかったのは
そういうことだったのでしょう。


DSC_0015-003.jpg

母さんも父さんも本当に幸せでした。
心配せずにもう行きなさい。家にはもういなくていいよ。

次の準備をしてね。
スポンサーサイト

2015-04-19 21:26 | カテゴリ:艶子の日々
ぼんちゃんが優さんのおうちに移動になりました。

可愛いベットもご用意していただきありがとうございます。
unnamed (2)


2年間、怖い思いばかりさせてしまったこと
ぼんちゃんに申し訳なく思ってます。

犬も居ない環境、我が家よりずっとずっと安心して暮らしてくれると思います。
優さんありがとうございました。よろしくお願いします。

みなさんもぼんちゃんをこれからもよろしくお願い致します。


そして怖がるぼんちゃんとお話し安心させてくれたみゆちゃんありがとう。
暴れることなくすんなりケージに入ってくれました。
とっても怖かったと思うけどぼんちゃんがんばりました。

今回本当にみゆちゃんにはお世話になりました。本当にありがとう。




最後に、艶子が亡くなりました。

最後までご飯を食べ頑張りました。

不在のときに亡くなり看取ることが出来なかったのが悔やまれます。


最後に撮った艶子です。
4/18、亡くなる前日に撮りました。
DSC_0024-003.jpg



はるちゃんが付き添ってます。
DSC_0037-001_20150419182007ad9.jpg


休みで夫婦が居る日なんて、ホント最後まで気を使う子だったのね。
ぼんちゃんが行っちゃった日に逝かなくてもいいのにね。


れおらさん、わざわざ来てくれてありがとう。
きれいなお花もありがとう。
間に合わせの花だったの嬉しかったです。
DSC_0001-007.jpg



艶ちゃん。
可愛い艶ちゃん。

大好き。

目が見えて走ってるかな。
軽くなったかな。

いつかまたお会うね。
2015-04-08 23:23 | カテゴリ:下宿中な日常
こちらはすっかりご無沙汰しちゃってすみません。
ご心配頂いている艶子ですが、ご飯をまたあんまり食べなくなったり
食べるようになったり。

でも今は落ち着いています。
艶子とのスキンシップ時間が少なくなってると反省しております。。
元々あまり鳴かない子なんだけど、寂しくて呼ぶことがあります。
主に私が仕事から帰った夕方に鳴いて呼びます。せつないっす。。。。
とりあえずこんな感じで元気です。
体重は少しずつ減少している様子ですが、




6月1日を艶子の誕生日にしています。
1歳の誕生日がまずは目標。

艶ちゃんがんばろうね。



さて、今回みゆちゃんにぼんちゃんと話してもらいました。


実はぼんちゃん。
保護して半年ぐらいしてからあるアニマルコミュニケーターさん
格安イベントで話していただいたときがあり、
そこから早2年たちました。


優さんのブログで地域で嫌われ排除されるかもしれない猫達のことを読み
我が家にと申し出たのが経緯です。
まるふくさんのおうちに移動した小夏と我が家にやってきました。(2013年4月)
DSC_0002.jpg



当初私は、正直すぐに慣れると思っていました。
まだ生後半年。きっと少しづつ我が家の猫達の様子を見て
家猫として落ち着いてくれるだろうと。

でも正直、まったくなれる様子はなく、人間と当時は犬が怖くてしょうがないようでした。
固まる対応ではなく攻撃系。
でも襲ってくるわけではないんです、近づかれるのが怖いだけ、

正直人馴れの進まない2匹に気持ちが焦り落ち込み
怖がり2匹は離した方がいいのではと小夏はまるふくさんにお願いしました。


そんな小夏が移動して少ししてからACしてもらった時ぼんちゃんは

「人間は勝手だ、僕達はあの場所で幸せだった。勝手につれてきてここで暮らせなんてひどい」


頭にスカーーンとバットを食らいました。

イイコことをした、私はこんなに頑張ってると思っていた
自己満足と醜い自己顕示欲を見透かされたいたんだと

新しい飼い主を探すんだよと伝えてもらったら
「ここがいいというより、もう家が変るのは嫌だ怖い」
と言われまして、正直募集するか考えました。

ぼんは怒りと悲しみにあふれていました、そして居なくなった小夏を心配していました。
なので小夏は別の家に居て元気だと伝えてもらったら

心底ホッとした様子で
「教えてくれてありがとう。」
と伝えてきました。

ああ、、、人間は醜い、私は最低だと思いました。
なれないぼんにいらだっていた自分が本当に最低だと。
ぼんが人間を怖がるのは100%私のせいなのだと。
 

それ以来、正直私の中でぼんは
畏怖であり、愛すべき弱者であり賢者になったのでした。

でも2年。もう2年。
ぼんちゃんは今何を考えているんだろう、
いじめっ子穂高のことや、犬達のこと、環境
などなど

みゆちゃんに話してもらいました。
みゆちゃんはのHPはこちら→「魔法のしっぽ」


みゆちゃんが「ぼんちゃんこんにちわ」と言うとちゃんと「こんにちわ」
と答えたそうです。
なかなか話してくれない子も居るのでね、
DSC_0086.jpg


「調子はどう?体痛いところとかある?」
「体の不調はないよ」

「じゃあ困ったことなんかある?」
「それはある」

「お母さんがね心配してるのもなかとか追いかけるから。
逃げたりビクビクしたりしないほうが追いかけないのかな?って」

そうみゆちゃんが話すとぼんからは心臓がバクバクして緊張や怯えを感じたそうです。

「ゆかを歩きたくない、さっさと歩きたい高いところをつたって行きたい
犬達は大きいし怖い」


「みんな怖い?みーちゃんやあーちゃんも?」
「2匹は怖くない。キクオはちゃかちゃかしてるからキライ
追いかけられるのは嫌」


「トイレ行けてないんじゃないかな?って心配してる」
「結構我慢してる」

「昼間母さんが仕事のときはもなかとキクオはケージだからそのときに行けてる?」
(あんまり行けてない様子)

「ケージのときは大丈夫。安心して行っていいよ。
パンチしていいよ、嫌だって意思表示をして」

追われると怖くて固まってしまいパンチとか出ない感じが見えるそう。

「最近ほーちゃんはどう?母さんはいじめてるのが減ってるように見えるって」
「減ってきてるけど好きではない」

DSC_0088.jpg


もう一度前に聞いた質問をてもらいました。

「このおうちでいい?他の家を探すかうちにずっと居るか
うちだとキクオは卒業するけどもなかは多分一緒だと」

「それがいい、他に行きたい」

 ぶっちゃけちょっとショック(笑)

今回ぼんちゃんがどこも行きたくないって言ったら
うちの子にしようと思っていました。でもぼんちゃんは落ち着いて暮らしたい
意地悪しない猫がいる家、犬のいない家に行きたいとちゃんと伝えてきました。

ぼんちゃんにみゆちゃんが細かく聞いてくれて
ハルオみたいなのんびりした優しい猫がいる家がいいそうで、
猫がいない家ではなく猫がいる家がいいそうです。

「じゃあもうちょっと人と暮らす為に協力して」と伝えてもらいました。
ぼんちゃんは
「外に行きたい、あの場所に帰りたい」という気持ちがあり
他で暮らすと聞いたときその場所に戻れるってイメージが湧き
希望を持ったそうです。(ごめんよ・・・・)

なので現実を伝えてもらいました。
「もうあの場所には帰れないのよ、あの場所に居た子達はみんなもうおうちで幸せに暮らしてるの
だからぼんちゃんもね、人と暮らすことを考えて。」
(現地に残って地域猫として暮らしてる子達はいますがそれはもちろん伝えることは出来ません)

DSC_0087_20150408222655324.jpg


みゆちゃんはぼんちゃんはあの場所に帰れないことを知って深い喪失感を感じたそうです。
でも、帰れないことを改めて知りこれからのことを考えようという新たな気持ちを持った様子も

「父さんでもいいからまずは人になれ抱っこしてもらえるように頑張ろうね
ぼんちゃんを迎えてくれる家族を探すからね」

「分かった」


最後に急に走って逃げると余計もなかとキクオが執着して
追いかけるから
ゆっくり堂々と過すようにと再度伝えてもらいました。

DSC_0091.jpg


何と言っていいか、、、とにかくぼんがどうしたいのか?
何を思ってるのか?
そればかり思っていたので聞けてよかったです。

我が家では窮屈で怖くてトイレも我慢してて
ホントぼんには幸せではありません。

頑張ってぼんちゃんが安心して暮らせる家を探してあげないと。
そうすれば、この無駄にしてしまった2年をあっという間に飛び越えるような
ちゃんと人を信頼し甘える子になるって改めて確信しました。


ぼんちゃん。今までごめんね。
母さん後回しにしすぎた。今年は頑張る!ぼんちゃんも頑張ろうね!


そして、みゆちゃんが

「もなかとキクオとも話した方がいいかも」
と言ってくれて

話すことにしました。

その様子は明日にでも「色即★是空」の方に書きますね。

こっちは面白バージョンです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。